MENU

オンラインショップ 業務用抹茶.com

つぼ市について

HOME > つぼ市について

つぼ市がお客様のそばにあることで、ふれあいを生み、絆を深めたい。 私たちは、お茶事業の持続的成長はもちろん、170年以上続くお茶づくりで培った、知識や技術を応用した新たな可能性にも挑みます。

日常のあらゆるシーンで人と人とをつなぐ架け橋として、ほんもののお茶づくりで、 お客様に安らぎ、和、感動を提供します。

幕末の嘉永三年(1850年)、堺に創業したつぼ市。170年以上にわたり、「お茶は人と人を繋ぐ」という信念のもと、「暮らしのお茶」として良質で新鮮、安心、安全でお求めやすいお茶を提供しています。また、お茶は健康に寄与するという考えから、深むし茶や 烏龍茶などをいち早く独自に研究し、堺のみでなく全国のお客様に支持いただいております。

歴史

出典:「住吉堺名所並ニ豪商案内記」 川崎源太郎/著 明治16年(1883年)

文久改正堺大絵図(創業当時の堺の地図)

つぼ市は、時代時代に合う形で現在まで170年以上お茶の製造販売を続けております。

嘉永3年(1850年)谷本市兵衛が泉州堺に茶問屋を創業したのが、つぼ市の始まりです。神戸港開港(1868年)時には、出張所を設けるほどに事業を拡大し、明治初期には神戸港や横浜港から茶を輸出。また、この頃、遠州地方に茶畑を開墾したと伝えられています。渋沢栄一翁がお茶の生産と販売に寄与した頃と重なります。

当時のつぼ市のことが書かれた記事

高度経済成長期、茶の消費量が爆発的に伸び、国内のお茶の生産量では賄いきれなくなった時、四代目当主の谷本陽蔵がいち早く台湾茶の輸入を始めました。このことは日本の烏龍茶ブームの先駆けとなりました。平成の時代には、食の安全安心の重要性が今後増すことを見越して、当時業界最先端の工場を建設しISOの認証も受けました。

つぼ市製茶本舗 第二工場

これからもつぼ市は、本物のお茶づくりでお客様に安らぎ、和、健康、感動を提供し続け、永続企業を目指します。

プロモーションムービー

PLAY MOVIE
会社概要
TOP